積み木を遊んでいる子供

子どもの好奇心に合うような知育教材を選ぶことで楽しく学習可能!

● SITE MAP ●

知育教材は対象年齢や目的を見て選ぶ

穴が開いている絵本

専門通販サイトで購入できる知育教材にはたくさんの種類がありますが、知育教材は対象年齢が定まっています。そのため、対象年齢を見て知育教材を選んでください。もちろん、場合によっては優れた能力がある子供がどんどん上の子向けの教材に取り組めることがわかるケースもあります。しかし、そうしたケースはまれですし、いきなり対象年齢より上の教材を利用しても理解できず、子供が勉強することを嫌がるようになってしまうこともあります。知育教材は楽しく学べるように作られていますが、それも対象年齢内の子供が楽しく学べるように考えているので、それより下の子供にとっては苦痛になることもあります。受験のために早く上のレベルの勉強ができるようになってほしいと思うかもしれませんが、段階を踏まずにいきなり勉強ができるようになることはないので、焦らずじっくりと子供の能力を育んでいくように選んでください。また、知育教材は目的が明確に分かれていて、何を学ばせたいのかで選ぶべきものが違ってきます。同じタイプを何個も選んでも重複して無駄になるだけなので、受験対策を考えるなら、まんべんなく必要な能力が身につくようにバランスを考えて選びましょう。

● TOPICS ●

思考中の子供

知育教材は子供が関心を持つかどうかで選びましょう

子供のためを思って知育教材を選ぶなら、他の人が選んでいるからというだけの理由で選択してはいけません。子供が学ぶために存在する知育教材ですが、子供が興味を持たなければ、他の人が高く評価していたとしてもあまり役に立ちません。それどころか学ぶことに対して苦手意識を持ってしまう恐れもあります。そこで、普段子供が興味を持っていることは何かを考えて選んであげるようにしましょう。知育教材を選ぶ親は、ついつ…

TOP